電子定款認証、株式会社設立の受託について

犯罪収益移転防止法による本人確認

平成20年3月1日に施行された「犯罪による収益の移転防止に関する法律」により、会社の設立に関する手続を依頼されたときは、依頼者の皆様の本人確認が必要となりました。

犯罪による収益の移転防止に関する法律とは

金融機関などの本人確認、取引記録保存及び疑わしい取引の届出等の義務を定める、マネー・ローンダリング対策をする法律。通称は、犯罪収益移転防止法、ゲートキーパー法。(ウィキペディアより)

本人確認とは

個人の場合は、お客様の、「氏名」「住所」「生年月日」を確認させていただきます。

本人確認の方法

インターネット、郵送でのご依頼の場合、お手数をかけますが、本人確認の資料として、次の証明書のいずれかを郵送又は、FAXしていただくようお願いいたします。

送付をしていただいた本人確認資料の住所に宛て、取引関係書類を「書留・転送付用郵便」にて送付いたします。

司法書士 おだにりゅうじ 事務所
氏名 小谷 龍司
職業 司法書士(登録番号高知第168号)
所属 高知県司法書士会(0888−25−3131)
    わたしの資格の確認はこちらまで
履歴 昭和58年開業、はや26年近くたちました。
事務所 787-0023 高知県四万十市中村東町2丁目6番4号 しまんと合同事務所内
電話 0880-34-3822
FAX 0880-35-3283

 

電子定款認証 株式会社設立登記申請書類作成